ミラクルテニスで練習すると、いつの間にかテニスが上達します

2013年 10月

テニス練習3日目001645

 

みなさんは球を打つとき

ラケットを持っていない方の手はどうしていますか??

特に気にしていないですよね?

 

わたしは右利きなのですが、ラケットを持っていない左手なんて

まったく気にしたことがありませんでした。

 

しかし!!

左手の使い方が非常に大事だということを

今回の練習で知りました。

 

なぜ左手が大事かというと

バランスと、腰が回り強い球が打てるというメリットがあるそうです。

 

 

まずフォアハンドですが、

テイクバック(構え)で左手を前に出します。

ラケットを振るときに邪魔になるのでどかしますが、

その時に左手をただどかすのではなく、

胸の位置に引き寄せます

引き寄せることによって腰が回り強い球が打てます。

 

アンディーロディック選手が打っているフォームを見てみましょう。

 

胸の位置に左手を引き込んでいるのが良く分かります。

 

 

次にサーブの時ですが、

サーブの時には胸の位置では邪魔になるので

お腹の位置に引き寄せます

フェデラー選手のフォームを見てみましょう。

 

お腹の位置に左手がきていますね。

 

このように、左手によって球の威力が変わるので

フォームの大切さがよく感じられます。

 

自分の打ち方になれている方は、違和感があると思いますが

1ヶ月ほどは意識していれば自然と出来るようになるとのことでした。

 

わたしはまだ初心者で自分の癖などもないので、

今のうちに左手を定着させ、上達していきたいと思います。

 

広報担当:未来

こんにちは。テニキチです。

今日も4時間、しっかりテニス練習してきました。

台風も去り、久し振りにテニス日和でしたよ。

さて、テニス初心者の方に多い問題の1つに

ラケットの引きの遅さ

があります。

相手の打ったボールに対して、早くラケットを引いて準備する。

この準備が遅いと、”振り遅れ”、相手のボールの勢いに押され、ボールは詰まってしまい

勢い、コントロールを失ってしまいます。

当たり前のことのようですが、これが癖としてできるようになるまでは中々難しいものです。

常に練習時は意識して行い、癖として当たり前のようにできるようになりたいですね。

さて、かく言う私もテイクバックが一つの課題。

特にバックハンドが、、、、、、

私の場合、片手バックハンドのため、打点がフォアハンドよりも随分と前になってきます。

その分、フォアハンドよりも早いタイミングでラケットを引かないといけなくなります。

これを習得するには、練習しかありません。

有効な練習が、ボレー対ストロークの練習。当然ボレーの球は、ストロークよりも短い時間間隔で返ってきます。

この練習のタイミングでラケットが引ければ、言うこと無しですね。

もう1つ、オススメしたいのがミラクルテニス

miracle_bnr

短い時間でトコトン、反復練習できます。

それでは、また。

こんにちは。テニキチです。

今日はテニススクールの中級に通う家内と2人、2時間マンツーでテニスを楽しみました。

夫婦2人でテニスを楽しんだのはいつ以来だろうか、、、、

ミニラリーから、ストロークラリー、ボレー対ストローク、スマッシュ、サービスと休まず基本をみっちり練習できました。

子育てがひと段落した家内は、またテニス熱が再燃中。

家内の弱点は、高い打点でのフォアハンドストローク。

グリップが薄いため、打点が後ろになってしまい強いボールを打てません。

グリップを厚めに握って、打点を前にしたワイパースイング をアドバイスしました。

さて、テニス初心者にとっての基本って????

初心者と上級者の基本は、果たして違うのだろうか?

実は、同じなんです。

分りやすく言えば、フェデラーやナダル、ジョコビッチ。女子ではセリーナ、シャラポワらが実践している技術、フォームが基本なのです。

冒頭の例。フォアハンドは薄いグリップでははく、厚く握って、振りはワイパースイング(車のワイパーのようにスイング)。

これは、どのプロもやっている共通技術なんです。

初心者の私がプロの真似をするなんて、、、、、と考える方もいるかもしれませんが、

いいんです。 どんどん、トッププロの真似をすることをオススメします。

フォームだけではなく、テニスラケットやウェア、シューズまで真似るのも、面白いかも?!

さて、世界一美しく、技術に長けているフォアハンドを放つプレーヤーは??

そう、フェデラーです。

ラケットは、まさに魔法の杖のよう。

・打点に視線を残す。

・軸(体幹)が真直ぐで、ぶれない。

・ラケットを体に巻きつけるムチのようなスイング。

初心者の方が上達のために、真似してほしいポイント満載です。

あとは練習あるのみ、”おらの町のフェデラー”になる

強い味方が、ミラクルテニス

駐車場一台分のスペースがあれば、とことんストロークを練習できます。

闇練でライバルに差をつけましょう!

練習は嘘をつかない!テニスもっと上達。

また、投稿します。

テニス練習2日目☆

 

今日はフォーム打点に注目して練習しました。

まず一番の注目ポイントは「フォロースルー」です。

 

 

フォロースルーとは、打ったボールの後にそって腕を振ることです

フォロースルーすることによって体全体で大きく振るので、自然と体幹で打つことができ、

伸びるボールが打てます。

 

 

このフォロースルーを意識するための練習法が、

脇にテニスボールを挟み、

打ち終わったときに自然とボールが落ちればオッケー!!

というものでした。

実際にやってみると

まったく落ちない(笑)

見事なまでに脇に挟まれたままのボール・・・

 

 

しかし、コーチから

「バックハンドの時には左腕で打つように」

「フォアの時にはもっと大きくふってごらん」

と、アドバイスを頂き、やってみると

自然と落ちました!!!!

以外にバックハンドのほうが上手くボールが落ちました!!

フォアスルー難しい!!!

 

 

次のポイントは「打つ位置(打点)」です。

わたしの場合ボールに近づきすぎてしまい、詰まって打ちにくくなってました。

しかも、振るタイミングが遅く、打点が体の横の位置でした。

体の横で打つより、一歩前に踏み込んだ足より少し前で打つのが理想だそうです。

その方が力の入り方がぜんぜん違うため、ボールの伸びが変わります。

実際にコーチにラケットを押してもらい確認したところ

力の入り方がまったく違いました。

 

 

 

石井プロの上達DVDにも打点の重要さがでてきました。

プロのフォームは綺麗ですよね!!

スナップショット 1 (2013-10-22 11-23)

上記画像:石井弘樹プロ

 

 

大きく振る

ボールに近づきすぎない

打点が少し前になるように打つ

 

上記の課題は上達には欠かせない重要点だと思います。

意識しながら、次回の練習にそなえたいと思います。

でもコーチから、2日目とは思えないくらい上手だよって言われましたムフッ((´∀`*))

 

広報担当:未来

 

 

こんにちは。テニキチです。

ブログ開設おめでとうございます。

テニスをこよなく愛する私は

上達を目指し、週に2回ほど、テニスを楽しんでいます。

このブログを通し、これからテニスを始める方、

始めたんだけど、なかなか上手くならない初心者の方に

テニス上達のヒントなどをお伝えしていきたいと思います。

今日は、サービスについてお話しします。

サービスは、テニスにおいて、唯一自分のペースで打てるショットですね。

他のショット、レシーブ、ストロークやボレー、スマッシュは、

いずれも相手の打ったボールを打ち返すことになりますね。

当然、相手が上手くなればなるほど、難しいボールを打たされることになります。

そう、唯一、サービスだけは

誰にも邪魔されずに、自分の間合い、タイミングで打つことができるショットになります。

サーブの種類は大きく3つ

①フラットサーブ

回転の少ない、一番スピードの出るサーブ。 ノータッチエースなども期待できます。

②スライスサーブ

野球で言うカーブ、ボールに横回転がかかり、バウンド後に曲がっていきます。

③スピンサーブ

ボールに縦回転がかかるサービス。 テニスの場合、

2球続けてアウトすると失点になりますから

ネットを越えて落ちてくれるスピンサービスは セカンドサービスに使われることが多いです。

普通は ファーストサービスで、①フラットや②スライスサーブを攻撃的に使い

フォルト(アウト)した場合に、失敗の許されないセカンドサービスで確率を上げるために

③スピンサーブを使うのが定石になります。

テニスを始めたばかりだと、ゲームをしても中々サービスが入らずに、

フォルト、フォルトの連続で悔しい思いをしてしまいますね。

そのシーンが夢にまで出てくるあなたはかなり重症です。(笑)

そうならないためにも、まず覚えたいのが

ボールに回転をかけることです!!

良く見かける悪いパターンが、サービスをコートに入れることが優先となってしまい

ヘッピリ腰で、羽子板のように打ってしまうことです。

これを、一般的には

【入れぽん・サーブ】 と呼びます。(本当か?)

このサーブは回転も、スピードもなく、レシーバーの餌食になってしまいます。

テニスを始めた最初から、失敗を恐れず、しっかりラケットを振りぬいて、

威力のある回転サービスを身につけて下さい。

振り切る際のポイントは

薄いグリップ(包丁を握るグリップ)

上腕のプロネーション(回内)………….. キャー、難しい言葉が出てきちゃいました

手首とラケットを120度ほどで固定し、親指から小指の方に上腕を捻ってパワーを生みます。

詳しくはこちらの動画

↓ミスター有明、鈴木貴男選手のサービス

http://youtu.be/hmO7LQz1vyE

ちょっと難しい内容かもしれませんが

しっかり振り切っているイメージは掴んでほしいです。

あとは練習あるのみ、

でも、コートを予約しないといけないし、

スクール、サークルの練習では、打てる球数も限られてきてしまう、、、、

そんなとき、強い味方が、ミラクルテニス

駐車場一台分のスペースがあれば、死ぬほどサーブを練習できます。(死なないで下さいね)

面倒なボール拾いもないから、短時間で多くのサーブ練習ができます。

最高の練習法ですね。

練習は嘘をつかない!テニスもっと上達。

また、投稿します。

 

 

 

ついに始まりました!!

テニススクール!!!!!

今月から月4回、どの様に上達していくか

楽しみながら頑張りたいと思います。

tennisequipment18pz8

 

わたしが通うテニススクールは

千代テニスクラブさん

10面のコートの内、

7面が足にやさしい砂入り人工芝コート、

3面のインドアハードコートと

県下トップクラスの設備と環境を備えたテニスクラブです。

クラスはもちろん初心者クラス☆

初心者クラスは室内テニスでの練習でした。

tennis_240_02

 

《テニススクール1日目》

本日のメニューは、

体操→基本フォームの練習→打ち込み練習→ゲームでした。

 

 

今回初めてのテニス練習で一番苦戦したのが、グリップの握り方です。

 

フォアハンド時のグリップの持ち方は、

ラケットの面を地面と平行にし、グリップを真上から持ちます

手首を後ろへ曲げて手首の部分にシワが出来るようにするのがポイント。

 

ボレー、サーブ時は、

ラケットを地面に垂直にしてグリップを包丁を持つように握る

 

頭では分かっていても、実際に打ち始めると崩れてきてしまったり、

「打つ瞬間に力を入れましょう」との事でしたが、

常に力が入りっぱなしで手首が痛くなってしまいました。

変なクセがつかないように、握り方をしっかり覚えたいと思います。

 

 

初日でしたが、ガンガン打って最後にはゲームもやって

久々に学生時代の部活動のような運動ができました(笑)

しかも慣れていないせいか、練習が終わった後は手が勝手にプルプルと震えてましたヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!!

 

 

今回はグリップの握り方に気をつけながらやりましたが、

次のスクールでは、フォームを意識しながら練習したいと思います。

 

 

 

広報担当:未来

 

はじめまして!!

この夏、

ミラクル株式会社に入社した未来です。

 

これから広報担当として、

ミラクルテニスの情報を配信していきますので

どうぞよろしくお願いします。2

 

 

 

 

 

今回は

ミラクルテニスのメンバーをご紹介いたします

 

 

まずは

☆ミラクルテニス開発者の会長☆

kaityo_sama

テニスが好きで歳をとっても続けたい、その為に足腰も鍛えたい

テニスを通じて多くの方々にスポーツの楽しさや

テニスの喜びを知っていただくためにミラクルテニスを開発しました。

 

 

 

次にご紹介するのは、

ジャパンオープンのダブルスでポリスベッカーを破る快挙。

1998年全日本選手権優勝(複)

JOP国内大会シングルス優勝20回以上。

ITF国際ダブルス優勝7回の実績を誇る

☆プロテニスプレイヤーの石井弘樹プロ☆

ishii_sama

皆さんのテニスの悩み疑問に

お答えしていきたいと思います。

Lets  Enjoy  Tennis!!

 

 

 

 

次にご紹介するのは、テニスの事なら何でも知っている

☆テニスマニアのテニキチさん☆

上達を目指し、週に2回ほど、テニスを楽しんでいます。

このブログを通し、これからテニスを始める方、

始めたんだけど、なかなか上手くならない初心者の方に

テニス上達のヒントなどをお伝えしていきたいと思います。

テイクバックは、テニス万年初心者脱却の重要ポイント!

 

以上4名でブログ更新していきますので

よろしくお願い致します。