ミラクルテニスで練習すると、いつの間にかテニスが上達します

2013年 12月

こんにちは!!テニス初心者の未来です。

 

昨日、今年最後のテニススクールに行ってきました!!

スクールの最後にコーチから

「初心者の人はコートに入れよう、ミスしないようにやろうと思うと

大きく振ることが出来なくなってしまう。

時間がたってから大きく振ろうと思っても、

失敗が気になってなかなか出来なくなってしまうから今のうちに

外れても良いから大きく振っていくと、後々いい球が打てるようになるよ!!」

と、アドバイスを頂きました!!!!

 

わたしのコーチも、大きく振ることを意識して3~4年は試合で勝てなかったようですが、

その後は今まで勝てなかった相手にも勝てるようになったし、

いい球が打てるようになったそうです。

 

また、ミラクルテニスを推奨してくださっている

神谷勝則コーチ神谷流テニス最速上達法DVDでも

「自分の打ちやすいように打てばいいんだよ!!」

と言っていたので、やはりフォームを気にしすぎて硬くなるよりはおもいっきりが大事なんだなと思いました。

 

なので、初心者の頃は

ストロークとサーブはガンガンに打っていきましょう!!!

わたしも来年はガンガンにおもいっきり大きく振っていきます☆+.゚(*´∀`)b゚+.゚

                       

                   来年こそ馬くなる☆

123

 

担当:未来

 

 

 

 

こんにちは!!

広報担当の未来です∩(´∀`)∩ ワッショイ♪

 

福岡のテニスショップ i BallGame の池田様より、

ミラクルテニス合宿のご報告が入りました!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1人でテニス練習も良いですけど、 i BallGameさん達のように

メンバーの皆さんで練習も楽しいですよね!!

 

皆さんも寒さに負けず

Lets Enjyoy Tennis!!

 

 

みなさん、こんにちは。テニキチです。

テニスは、他のメジャースポーツ、サッカーや野球、ゴルフと違って、見るよりも、やるスポーツですね。

これが競技としての発展を、遅らせている1つの要因だとも思っています。

もっと魅力的な試合が多く開催され、テレビでも放映され、観戦、応援に出かける文化があればと、いつも思います。

テニスの場合、4大大会ですら、ウィンブルドンのNHK放送を除き、有料BS放送でしか見ることができませんからね。

昔は、民放でも放映されていた時代はあったんですがね、、、、、、、

さて、そうは言っても、トップ選手や、上級者のプレーを見ることは、初心者や上達を目指す人にとっては重要です。

今日は、その観戦の仕方について、少しお話をしたいと思います。

一番多い観戦の仕方は、ラリーされているボールを目で追って、そのスピードに感嘆する形だと思います。

でも、これでは、自身の上達には、あまり役立ちません。

見る観点を絞って観察 してほしいのです。

例えば、片方の選手の足(フットワーク)にだけ注目して見てみる。

凄く細かく、足が動かされていることに気付くはずです。

プロは簡単そうに凄いボールを打ちますが、実は、基本的なことを、究極のレベルで守っています。

また、自分が強化したい部分を徹底的に凝視してみる。

フォアハンドで何かを掴みたいなら、徹底的にフォアハンドのラケットワークだけを見つめる。

決して、ボールを追って首を振ってはいけないのです。(首も疲れるし、、、)

以前、ジャパンオープンを取材したことがあったのですが、

近距離からカメラで捉えた選手の細かいフットワークに驚き、 ナダルのフォアハンドを撮影すると、どの写真も同じ構図で撮れていることに驚きました。

それから、コートサイドのチケットが取れればいいですが、少し後ろの席から観戦する場合は、

双眼鏡を持っていくと楽しめますよ。コンパクトなやつが安価に売っていますよね。

私は観戦しながらビールを飲むのが大好きです。まさに、至福のひと時です!(飲みすぎには注意)

ちょっと、イメージトレーニングしましょう。

手前の選手の足にだけ注目して見てください。

http://youtu.be/uVm_oWnO8Wc

これまでと違った景色(世界)が見えてきませんか!?

それではまた。

こんにちは、テニキチです。

先日、練馬区の中村中学校ソフトテニス部を訪問しました。

練習器具のミラクルテニスをモニター導入するためです。組立方法と、練習メニューを紹介してきましたよ。

miracletennis-1024x1024

土曜日だったんですが、朝から練習しているようで、試験前などを除き、基本、土日も練習だそうです。

顧問の先生の他に、男子女子、別に外部のコーチも付いていました。

ソフトテニスは非常に指導者が熱心で、充実していると感じましたよ。

日本では、テニスと言えば、硬式テニスと、ソフトテニスの2つがありますね。

学校で行うテニスとしては、中学校、高校と、硬式テニスよりは、ソフトテニスの方が圧倒的に人口が多いですね。

学校では、テニス=ソフトテニス、と言ってもいいほどでしょう。

顧問の先生のお話しで

中学になって初めてテニスをする子供たちにとって、少しでも多くボールを打つことが重要で、

コートでなくても、壁に向って打つなどの、早くボールやラケットに慣れることが必要なんだそうです。

確かにボール拾いばかりでは上達しません。

そういった意味で、今回導入したミラクルテニスは

ストロークはもちろんのこと、ボレー、スマッシュ、サービスも練習できるので、重宝しそうです。

今回は、一年生と一緒に組み立てて、練習方法を紹介したのですが

本当に楽しそうにミラクルテニスを使ってラリーしていましたよ。

部活でミラクルテニス

http://www.youtube.com/watch?v=KqE_Bgs0KY8&feature=share&list=UUE_Ra3uF-1nKxpkyJZbOT4g&index=1

今回は2ヶ月間のモニター、生徒達がどう上達してくれるか、今からとても楽しみです。

また、レポートしますね。

それではまた。

テニス練習8日目☆

初心者のわたしがテニススクールに入門して8日目☆

空振りは無くなってきましたが、上手に返すことが出来ずにいます・・・(泣)

 

打ち方の練習中は上手に返せても、いざ試合やラリーの練習になると

上手くいかない・・・なぜっ!?

 

このなぞを解明するべく、色々調べてみました!!

すると「緊張して力が入ってしまうと上手くいかない」

と言う言葉が!!

だって緊張しちゃいますよね・゜・(PД`q。)・゜・笑

 

ミラクルテニスを推薦してくださっている

神谷 勝則プロフェッショナルコーチのDVDにも

フォームや打ち方を覚える必要なんてない

自分の打ちやすいように打てばいい!!

とのこと!!

 

やはり、自分が気持ちよく打てるよう

リラックスしてやる事も達法の1つなんだなと感じました。

sp06_04

 

広報担当:未来

 

こんにちは。テニキチです。

みなさん、普段、テニスコート以外で上達のためにトレーニングをしていますか?

一般的には「走る」ということが連想されますが、時間もかかるし、ちょっと決心が必要ですね。

継続するとなればなおさらです。(もちろん、走ることはテニスにとっても非常に重要です。)

最近、テニス雑誌などでよく耳にする言葉に

体幹(たいかん)

というものがあります。テニス上達のためには、非常に重要なことがよく語られています。

体幹とは、肩関節~股関節までの胴体部分、つまり手足を除いた、体の幹(軸、中心)の部分になります。

この体幹がしっかりしていると、スイングが安定し、力強いものになります。

くるくる回るコマでイメージしてください。

軸(体幹)がしっかりしていないと、コマは綺麗に回りません。ぐらぐらと回りますね。

しっかりしていると、綺麗に高速回転します。

テニスのストロークやサービス、ボレーなども同じです。

この体幹がしっかり、安定していることで、力強い、安定したショットを打つことができます。

また、怪我の予防にもなります。

トッププロも含め、競技者は、体幹トレーニングを欠かしません。

腹筋、背筋、側筋などは、その代表的なものです。

そのうち、背筋のトレーニングって、難しいですよね。腹筋ほど曲げることもできないのがその1つの理由です。 腹筋を鍛えるのはメニューも沢山あって容易ですが、背筋となると、なかなか、、、 テニスプレーヤーで腰を痛めている人が多いのも、その理由でしょうか。

私は、バランスボールを使って、手軽に背筋をトレーニングしています。以下の動画をご覧下さい。

その他にも、バランスボールを使ったトレーニングは沢山あります。

バランスボールを使ったトレーニング

非常に簡単にできるのがいいですね。

特にお金を払って、フィットネスクラブに通う必要もありません。 私は、お風呂上りに実施するようにしています。

これから寒い冬を迎えます。テニス上達のために、オフコートでも、取り組んでいきたいですね。

それではまた。